お客様の気持ちをつかむために

今日は、

お客様の気持ちをつかむために

について、お伝えします。

私は、今までに
何度もお客様と接する機会があり、

その中で感じたこと、
そして、どうしてもお客様との距離を
縮めるための方法は何か、

これについて、考えてみました。

まず、自分のところにコンタクトが来た
あるいは、問い会わせがあったお客様と、

全く見向きもしてくれなかったお客様が
いると思います。

この違いは、何だとお考えでしょうか。

わたしは、あなたのことをよく知らない
お客様は、

===================
あなたの発信する記事を読まない。
あなたの言っていることを信じない。
あなたのアドバイスに、耳を傾けない。
===================

こんな方だと思うのです。

これでは、あなたのことに興味が無く、
あなたのファンになってくれる
はずはありません。

そこで、
あなたのファンになってくれるには、
どうすればいいのか?

ですが、

これは・・・

まず、

===============
あなたの発信が読み手に
興味のある内容である
===============

ことを
知らせることです。

たとえば、タイトルに、

「今、一番効率よく稼げる方法とは?」

「無料でツールプレゼント!」

みたいな

読み手が読んで見たくなる文章、
文字をタイトルに入れることです。

次に、

=================
あなたの説明をわかりやすく、
まるで小説を読んでいるように、

次がどんどん読みたくなる流れの
文章にする

=================

ことです。

有名作家の本は、はまると、
どうしても次が読みたくなります。

あなたの文章も、
こんな風に書けばいいわけです。

また、

================
あなたと読者の距離を短くする
================

ことです。

具体的には、あなたの文章がが
読者の身につまされる内容であれば、
いいわけです。

そのほかには、

あなたが経験した

================
実際の体験談などを入れる
================

ことです。

そうすれば、読者は、
あなたの世界へ引き込まれますね。

また、

あなたが言いたいことを
まとめて、最後に

=======
夢を語る
=======

ことです。

人は、夢に弱いです。

ですから、夢を夢で終わらせないために、
どうすればいいのかを伝えることです。

こんな感じで、アプローチすると
良いと思います。

あなたと読者は、ある何かのきっかけで
知り合いになりました。

あなたのファンになっていただくためには、
読者にあなたのことをよく知ってもらい、

私が成功したのは、
こういうプロセスを経たからです・・・

と、キチンと説明するとよいでしょう。

そして、その結果あなたが何を得たのかを
お知らせするとともに、

同じようにやれば、読者の方も
間違いなく成功すると
伝えるのです。

難しい説明は不要です。

あなたの言葉で、話かけるように、
自然な流れで、具体的に
説明すればいいのです。

格好をつける必要はありません。

あなたのことを知っていただき、
ファンになっていただかなければ、

あなたの商品は売れません。

「自分をさらけ出す」ではないですが、

================
あなたの想いが伝わることが、
あなたのファンになるために必要
================

なのです。

関連記事

  1. クライアントのプランの立て方

  2. 輸出販売のよさ

  3. オススメの商品と販売方法

  4. ビックリしたなー はじめてわかった「信じられない法則」

  5. 仕入れ先の考え方

  6. 集客についての考え方

  7. 無理する必要はない

  8. 自分とターゲットを分析する方法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。