輸出販売のよさ

今日は、

 

輸出販売のよさ

 

について、お知らせます。

 

みなさんは、商品販売を

国内でやられていますでしょうか?

 

今や、国内販売では、

実際のリアル店舗は

 

かなり苦戦していると聞いています。

 

どの店舗も、

国内のAmazonや楽天などの

 

「ショッピングサイト」に

 

登録して、

 

実際の店舗と同様に

ネット販売をしていると思います。

 

ネット販売していない店舗は、

 

それこそ本当に

苦戦していると思います。

 

よくいわれることですが、

 

私たちの輸出事業の良さは、

 

================

日本国内の商品を手軽に扱って

海外へ販売できる

================

 

と言う点です。

 

これは、当たり前のことですが、

実はこのことを上手く活用していない

セラーの方も多いように感じます。

 

自分の目を海外へ向けてみると、

 

日本の商品が

いかに海外から愛されているか

よくわかると思います。

 

類似の商品が出ている、

たとえば、楽器のカテゴリーでも

 

日本にしかない商品は

とても愛されています。

 

また、そんな類似の商品でも

 

「日本製」

 

の製品に、もっとこだわりを

持ってほしいですね。

 

ですから、あなたが扱われている商品が

どんな商品であれ、

 

==============

日本で作られている商品に

こだわって探す

==============

 

ことは、

 

多くの海外セラーとの差別化点になると

思います。

 

よく、

 

「日本人同士で競合する」

 

と言う言葉を聞くこともありますが、

 

これは、

 

あなたの着眼点や、リサーチの方法が

ありきたりで、

 

ほかの稼げているセラーの真似を

やっているだけ、

 

と言った点から言われていると思います。

 

日本で販売されている商品で

とても優れた商品だけれども

 

注目されていない方品も

まだまだたくさんあります。

 

このような商品を扱って、

世界に販売して稼ぐという、

 

いわゆる

 

「オーソドックスな方法」

 

も、まだまだ健在だと思うのです。

 

似たような商品でも

ちょっと他の方と、着眼点を変えるだけで、

 

稼ぐことが出来る商品はたくさんあります。

 

あなたも、ぜひそんな商品を見つけてください。

 

それは、実は、あまりインターネットで

販売されていない商品だったり、

 

あるいは、過去に国内では売れていたが、

海外では、

あまり注目されていなかった商品

も多いです。

 

優れた商品は、まだまだたくさん

眠っていると言うことです。

 

気をつけることは、

 

============

他の人の真似ばかりを

していてはいけない

============

 

ということです。

 

「真似」は最初だけですから。

 

ずっと真似をして、

考えずに商品販売していても

稼ぎ続けることは、できないのです。

関連記事

  1. 自分の成功とは

  2. 情報発信が継続出来ない理由

  3. 集客についての考え方

  4. 自分とターゲットを分析する方法

  5. あなたに最適な商品の選び方

  6. オリジナル商品の説明の仕方

  7. 成功するにはどうすればいいのか?

  8. 現在の3倍稼ぐ方法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。