仕入れ先の考え方

 

今日は、

 

仕入れ先の考え方

 

について、お知らせます。

 

物販では、様々な仕入れ先が考えられます。

 

今日はその仕入れ先の考え方について

お伝えしたいと思います。

 

あなたは、

仕入れ先を固定していませんか?

 

たとえば、楽器ですと、

 

デジマート

J-ギター

 

みたいなポータルサイトを中心に

仕入れていないでしょうか。

 

このサイトだけに

仕入れ先を求めているのであれば、

 

これは、

多くのセラーと競合してしまい、

 

なかなか上手く稼げない状況と

なってはいないでしょうか。

 

まず、物販の基本に立ち返ってください。

 

多くのセラーが

類似の商品を販売しています。

 

このなかで、中古1点モノだと

複数のセラーが同じ商品を販売してしまう

結果となっています。

 

こうなってしまうと、これは、

 

価格競争

 

になってしまうわけです。

 

コレだと、上手く稼げないどころか

物販自体を辞めてしまう結果になると

思います。

 

では、

一体どうすれば良いのかというと・・・

 

===========

仕入れ先は広くとる

===========

 

ことが、ほかの競合相手との

差別化につながっていると思います。

 

現在は、生鮮食品以外の

ほとんどのものが

 

ネット上で購入することが

可能となっています。

 

さらには、価格も一番安価であるので、

私も、大半の消耗品は

ネットで購入しています。

 

では、あなたの販売している商品を

ネット上で検索してみてください。

 

すると・・・

 

中古商品なら、色々なポータルサイトが

出てきますね。

 

ところが、多くのセラーは

たいていおなじサイトから

購入していますね。

 

と言うことは、

 

そのサイトの商品は、

同時に何人ものセラーが販売していて、

 

なかなか自分のアカウントから販売できない

状況となっていると思います。

 

もし、あなたがコレと同じプロセスで

商品を出品しているとするならば、

 

===============

多くの方が見ていないサイト

===============

 

から、あなたの商品を仕入れるように

すべきではないでしょうか。

 

これって、基本的な仕入れの仕組みを

考えてみると、よくわかります。

 

基本は、

 

=============

安く仕入れて、高く売る

=============

 

ですね。

 

このことを、忘れてしまって、

たった1つのサイトから

仕入れをやっているのでは

ないでしょうか。

 

中古品の仕入れ先としては、

 

有名な「ヤフオク」や「メルカリ」が

あると思いますが、

 

ココに参加していない、個人商店だとか、

ほかのリサイクルショップだとか

 

たくさんあると思います。

 

こういった

 

==========

あなただけのサイト

==========

 

を、たくさん見つけてください。

 

きっと、そのサイトなら

多くのセラーがあつまっていないので、

 

あなたが独占的に

商品販売することが、可能でしょう。

 

もっと、言うのであれば、

 

=========

輸入して仕入れる

=========

 

ことも考えれば良いのです。

 

あなたが輸出をやっていると、

 

「国内から仕入れて海外に販売する」

 

という、固定観念に

とらわれていないでしょうか。

 

輸入して、国内販売しても、

輸入して、輸出しても良いワケです。

 

基本は

 

=============

安く仕入れて、高く売る

=============

 

じゃないですか。

 

コレが出来るようになればいいわけです。

 

頭を柔らくして、物販に

取り組んでくださいね。

 

関連記事

  1. 輸出プラットフォームの現状

  2. 正しいやり方とは何か?

  3. クライアントからの質問の対応

  4. 起業家のマインド

  5. セミナーの概要

  6. 集客についての考え方

  7. これをやったから稼げるようになった

  8. 初心者セラーが最も悩むこと

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。