作業日誌をつけると良い

今日は、

 

作業日誌をつけると良い

 

について、お伝えします。

 

物販を行っていて、

 

何をどうするのか、

だんだんわかってきたら

 

あなたの作業が順調かどうか

「振り返る」機会を持つことを

オススメします。

 

その1つの方法として、

 

===========

作業日誌をつけること

===========

 

これをオススメします。

 

作業日誌は、難しい物ではなく、

あくまでも

 

============

自分の物販の記録を残す

============

 

ためだけに、記載すればいいわけです。

 

具体的には、

 

・売上高

・販売数

・商品数

・利益

 

といった、具体的な

 

=========

数字を記載する

=========

 

ことが必要です。

 

さらには、

 

あなたの

 

===========

コメントを残すと良い

===========

 

と思います。

 

自分がテストした結果、

これはダメだったが、

コレは上手くいった。

 

次回はこれをやってみよう。

 

こんな形で、カンタンに記載すればいいです。

 

コレを行うことです、

自分の作業について頭の中が整理され、

 

次の展開を考えやすくします。

 

作業日誌をつけることに

時間をとってはいけないです。

 

時間をとらなければいけないことは、

作業日誌ではなく、作業時間です。

 

ここのところも注意してください。

 

ふりかえりは、重要ですが、

 

この目的は、

 

現在自分が行っている物販が

正しい方向へ進んでいるか、

 

それとも暗中模索で、

上手い展開がなされていないか。

 

このことを自分でしり、

反省していくことで

 

次の展開に生かすことです。

 

考えてやっていないセラーは

稼ぐことは出来ないです。

 

仮に一瞬稼げても、

継続して稼ぐことは

難しいと考えて欲しいです。

 

では、どうしたらいいのか??

 

これは、自分を振り返って

自分のどこがまずいのか、

 

徹底的に考えることです。

 

日頃、考えるクセをつけていない方は、

大変かもしれないですが、

 

これはぜひやって欲しいです。

 

自分で自分のことは、

よくわからないと言われますが、

 

この「振り返り」は、

 

確実に自分を成長させます。

 

自分の記録をつけることで、

明らかに、自分の問題点は

浮かび上がってきます。

 

あなたのメンターに

よく相談してみてください。

 

そして、1日も早く、

あなたの物販を改善してくださいね。

関連記事

  1. コピーライティング

  2. 輸出販売のよさ

  3. 最初は真似から

  4. あわてる必要はない

  5. 自分の強みを見つける方法

  6. 正しいやり方とは何か?

  7. 情報発信が継続出来ない理由

  8. 自信を持って欲しい

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。