自分の「強み」とは?

こんにちは、中村明楽です。

昨日は、都内で、
個人起業家のためのセミナーを
受けていました。

がっつり6時間程度のセミナーを受けて、

かなり疲れましたね。

おまけにその後に懇親会もあったので、
遠方に住む私は、
自宅についたのが午前様で、

今日は疲れが少し残っていますね。

でも、頭はよく働いていますね。

そんなセミナーで考えた

「強み」

今日は、自分の強みについて
考えてみました。

物販ビジネスをやっている方や
実際の起業家のなかには、

「一体、何が自分の強みなんだ?」

という疑問が浮かび上がって来るように
思います。

たとえば、物販で
これからコンサルタントを始めたい方は、

たくさんおられると思いますが、

まず考えてほしいことは、

あなたのコンサルタントしての

「売り」USP(unique selling proposition)
は何かということだと思います。

自分の「売り」がないと、
あなたのことをコンサルタントとして
選んではもらえないでしょう。

だからこそ、
このUSPを考えて欲しいのです。

まずひとつは、

==========
あなたの実績
==========

であるハズです。

ある程度の実績が無い方が、
ある時、急にコンサルタントをやるとは
思わないと思います。

ただ、実績があっても、
あなたをコンサルタントに選ぶ
クライアントが感じていることは、

================
言われたとおりにやれば、成功する
================

なんですね。

ここで、問題となってくることがあります。

それは・・・

あなたがいくら出来ても、

==================
クライアントが成功するとは限らない
==================

と言うことなんですね。

ではどうすればいいのか、
ということなんですけれど・・・

それは、私の経験から考えると、

================
あなたがコンサルタントとして
成功した筋道を教えてあげること
================

だと、思うんです。

全くの初心者が、
あなたをコンサルタントに選ぶには、

実績だけではない、何か
理由があるはずです。

それは、あなたにしか出来ないこと、

たとえばそれは、
個別に丁寧に教えることや、

具体的にやることの順番を
教えることだと思います。

たとえば、マルマガを書くことを
教えるのであれば、

どういった配信スタンドがあって、
その特徴は何か?

どんな人のメルマガを読んでいて、
なぜそのメルマガを読んでいるのか。

まずは、ここらアタリから始めてみると
良いと思います。

意外なところで、
自分がまだ参入していないことがあれば、
そこを勉強する。

こういった姿勢で臨めば、
優れたコンサルタントとして、
活躍することが可能だと思います。

誰でも最初は戸惑います。

それをあなたが
キチンとフォロー出来るかどうか。

コレにかかってくると思うのです。

でも、どれだけ勉強していても、
実践しないと出来るようには
ならないですから。

あすは、強みの見つけかたについて
考えてみますね。