起業に必要なもうひとつのこと

今日は、起業に必要なもうひとつのこと、
について考えてみたいと思います。

起業しようと考えて、
準備を進めていると、

思いもよらないことで、
つまずいたりします。

そのひとつが、

=========
ブランディング
=========

であることも多いです。

いわゆる、「キャッチコピー」のことです。

このブランディングで
競合相手との差別化が出来ていなければ、

あるいは、その方の人となりが
わからなければ、

なかなか、うまくいかないですね。

たとえば、
私が、自分の楽器販売スクールの
キャッチコピーを考えたとき、

Nakamura Akira Global Marketing Unit
→NAGOMU

としました。

コレにした理由ですが、

1つは、
中村明楽と言う名前を入れたかったこと、

他には、輸出(物販)をやっていることが
わかること

さらに、
文字として読めること(なごむ)

そして、日本語の意味が、
私にあっていること
(なごむ=ほっとする、やわらぐ)

などでした。

あなたにぴったりの名前を
考えるとよいですね。

名前は重要です。

あなたに合う名前で始めた方が、
その後進めやすいです。

そして、成功する確率が
断然高くなりますね。

そして、あなた自身を他の同業者と
差別化することが必要です。

このときに、あなたの強みを使います。

あなたにしかできなこと

あなたが他の方よりも経験豊富なこと

こう言ったことを考えて、

さらに、

=============
ターゲットを特定
=============

します。

できれば、年齢とか、性別など、
細かいところまで決めるとよいですね。

たとえば私の場合なら、

医学がわかる。

実績(金額)が大きい。

高額製品を作成して、
販売した経験がある。

話かけやすい性格

こんなところをうまく使って
自分の本来のキャラクターを
前面に出すような取り組みをし、

コレに合うようなターゲットの特定を
行いました。

こんな風にして、

最初から誰でも自分を一段上げたような、
取り組みができます。

これをやっていかないと、
なかなかクライアントの心を
つかむことは出来ないですね。

これは、あなたが初心者であっても
かならずできることですので、

ぜひやってみて欲しいです。

明日は、自分を周知させるためには、
について考えてみたいと思います。

関連記事

  1. 無理する必要はない

  2. あわてる必要はない

  3. 現在の3倍稼ぐ方法

  4. クライアントのプランの立て方

  5. セミナー参加特典はコレ

  6. まずは成果を出そう

  7. 成功するにはどうすればいいのか?

  8. 正しい物販のやり方教えます

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。